FC2ブログ

2018年秋コーデミラプリ!その弐

ffxiv_20181017_011040.jpg

みなさまこんばんは!こんにちは!おはようございます!フィオナでございます。
今回は夕陽の中、クガネの赤い橋の上で赤い着物という、赤尽くしからよろしくお願いしますw

前回に引き続き、思い付きの秋コーデをご紹介したいと思います。

①白雪姫カラー
ffxiv_20181017_014855.jpg
【レシピ】
「スプリングシャツ」
「阿修羅袴」
「スプリングシューズ」

スプリング装備が2つという、ある意味定番な組み合わせですが、スカートと合わせてる人は余り見かけないかも。
前回に同じく、阿修羅袴以外でもロングスカートであれば似合うと思いますので、良ければぜひご試着ください。

②ボーイッシュスタイル
ffxiv_20181017_225645.jpg
【レシピ】
「ファルコナーシャツ」
「リパブリックシグニフェル・フィンガレスグローブ」
「タンタラスブリーチ」
「プテロダクティルスシューズ」

フィンガレスグローブの関係から、キャスター限定のミラプリになります。
クラシックグラスなんかを合わせるとまた良さ気な予感!使いやすい恰好です。

③秋物セーター
ffxiv_20181018_010441.jpg
【レシピ】
「ハイハウスクローシュ」
「ウィンターセーター」
「タンタラスブリーチ」
「スプリングシューズ」

タンタラスブリーチその2ですw
帽子はクウェインチュレル・ハットやベレー帽系を合わせたり、クラシックグラスなどのメガネを合わせても良いのではないでしょうか。

④シンプルシリーズ!ガウン編
ffxiv_20181018_212131.jpg
【レシピ】
「アラミガンガウン」
「タンタラスブリーチ」
「プテロダクティルスシューズ」

タンタラスブリーチその3・・・(使い過ぎじゃないかい;;)
アラミガンガウンのインナーが白固定なことを利用して、白シャツにジーンズというシンプルな組み合わせにしました。
撮り方のせいか、なぜか足が短く見えますが・・・実際には普通ですのでご安心ください。(何でこうなるのだろうか)

⑤メンズでも行けます!紺セーター
ffxiv_20181018_213825.jpg
【レシピ】
「ウィンターセーター」
「ウィンドシルクボトム」
「スプリングシューズ」

暗めな青系のパンツスタイルです。セーターは黒に見えますが、実際にはインクブルーを使用しています。
このセーターはスートブラックにすると濃いグレーっぽくなってしまうので、紺色にしました。(晴天の下で見ると結構違いが出ます)

⑥白黒合わせ!ジャケットと帽子セット
ffxiv_20181018_214359.jpg
【レシピ】
「ホーリーレインボー・ストローハット」
「サイオンズアドベンチャラー・ジャケット」
「ファルコナーボトム」
「スプリングシューズ」

ジャケットがタダで手に入るため、実はかなり安い組み合わせです。
帽子とジャケットの組み合わせは私が普段メインジョブに付けてるミラプリなのですが、折角なので前回の記事でご紹介したボトムと合わせてみました。
ちょっと"秋"感は薄かったかもしれませんね(;^^)


さてさて、秋コーデ紹介第2弾は以上となります。
今回の組み合わせは如何でしたでしょうか?この記事が、皆様がエオルゼア生活を送るうえで、少しでもお役に立つことを願いつつ・・・

ミラプリはIDやエンドなどのコンテンツ攻略には一切影響しない機能ですが、普段の生活に鮮やかさを足すことができるコンテンツだと思っています。

皆様も、ぜひぜひいろいろな組み合わせを試して遊んでみてくださいね!

最後まで読んでくださった皆様、恐れ入ります!そしてありがとうございます!
次回も秋コーデをご紹介出来たらな~と考えておりますので、もしお手隙でしたら読みに来ていただければと思います。

それでは!!

追伸:ここ数日、DDoS攻撃が凄まじくてなかなか普通にプレイ出来ませんね;;情勢が落ち着くことを心より願って!

2018年秋コーデミラプリ!その壱

ffxiv_20181017_005904.jpg

3年越しに おはようございます! こんにちは! こんばんはー!!フィオナでございます。

見に来て下さった方々、本当にありがとうございます!

3年ですよ3年・・・
時が経つのは早くとも、頭の中は何も変わっていない私は、相変わらず思い付きでブログを更新させていただきますw

今回のお題は・・・

秋コーデ!のミラプリ案をご紹介させていただこうかと思います。

(冒頭のは秋とは無関係に、某ニーアオートマタから、ヨルハ部隊風のコスプレです)

今回はまず6種類をご紹介!

ではまずNo1
ffxiv_20181017_220251.jpg
赤と黒の組み合わせとなります。
レシピは
「フランネルニットキャップ」
「アネモスサスペンダーシャツ」
「リパブリックシグニフェル・フィンガレスグローブ」
「アネモスサルエル」
です。
靴はもう少し別でも良かったかもしれません。ヒールで良いのがあると良いですね。

No2
ffxiv_20181018_013046.jpg
カーディガン代わりにアラミガンガウンさん!
レシピは
「フラットキャップ」
「アラミガンガウン」
「タンタラスブリーチ」
「スプリングシューズ」
です。
タンタラスブリーチをファルコナーボトムにしたり、あるいはハーフパンツやキュロットなどにしてもありかと思います。

No3
ffxiv_20181017_223533.jpg
かぼちゃカラーw
レシピは
「スプリングシャツ」
「阿修羅袴」
「サバントブーツ」
です。

袴はロングスカートやクズクロスキルト、イコンクロススカートなどでも良いと思います。
足はサバントブーツですが、ほとんど見えないのでお好みで!

No4
ffxiv_20181017_222727.jpg
ワンポイントメガネがオススメの1枚!
レシピは
「クラシックグラス」
「アネモスサスペンダーシャツ」
「ウィンドシルクボトム」
「プテロダクティルスシューズ」
です。

ボトムはグレーなどでもありかと思います。
上を黒、下を濃い緑系にしてニットキャップを被るパターンもありかと!

No5
ffxiv_20181018_015528.jpg
アラミガンガウンその2.秋っぽく落ち着いた色合いで整えてみました。
レシピは
「レッドベレー」
「アラミガンガウン」
「エクストリーム・サバイバースロップ」
「プテロダクティルスシューズ」
です。

この格好は結構お気に入りです。学者や召喚にして、武器構え>ポーズで読書をするのもありかもw
プテロダクティルスがお気に入りで、白にするとよい感じのシューズになってくれます。

No6
ffxiv_20181018_212709.jpg
シンプルに白と青!
非常にオーソドックスですが、であるが故に王道で使いやすい組み合わせの色です。サングラスをワンポイントに!
レシピは
「エンドレスサマーグラス」
「ウィンターセーター」
「タンタラスブリーチ」
「スプリングシューズ」
です。

前述のとおり、タンタラスブリーチは他に置き換えでも良いかと思います。これはデニムにしましたが、サバイバーハーフパンツといった七分丈や、スプリングボトムなどのホットパンツ、あるいはスカートなどでも良いと思います。
セーターはアドベンチャラーセーターもありますが、こちらは冬着に近い形になります。
今回は秋コーデなのでウィンターセーターを選択しました。


ちょっと長くなりましたが、第一弾としては以上となります!
考えれば考えるほど色々試してしまって、二日で200万ギルほど消失させてしてしまいました;;

今回上げた服装は、ショップでもそこまで高くないはずなので、比較的簡単に揃えることができると思います。
(上記散財の半分は染料代だったりw)

既に第二弾分の撮影は終えているので、次の更新は早めにやりたいな~と考えてます。
第三弾分も検討中ですが、今日から守護天節が始まったので、今週はそちらに注力しようかなw

今回は報酬に装備がないので、ハロウィーン衣装をどうしようか考え中。
ボーンウィスパラー・ジャケットでヴァンパイア風にするか、人狼風にするか、ヴァンパイアベストでホームズ風にするか・・・
あ、魔女スタイルも捨てがたいですね!!

・・・といった感じで終わらないので、今回はここまでに致しますw

ここまで読んで下さった方々、最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!
次回もまた、お暇で気が向きましたら来ていただけると幸いです。

それでは!!

イージス花火大会にいってきました!(8月31日)

ffxiv_20150831_234711.jpg

みなさまこんばんは!こんにちは!おはようございます!ふぃおなでございます。

先月末、Aegisサーバーにて開催された花火大会terumi様主催)に参加させていただきました!
本日はそちらをご紹介いたしま~す!(時間の都合により、2次会からの参加となりました)


ffxiv_20150831_231329.jpg

会場はコスタ・デル・ソルの船着場から行くことが出来る、洋上の大型船でした。
聞いたところによると一次会はリムサ・ロミンサで行われ、そこからコスタまでみんなで徒歩移動したそうです。

着いたときはまだ明るかったのですが、てるみさん他主催の皆様によるイベント準備&雑談タイムにより、やがて夜になりました。
そしてふと船上から右を見てみると・・・

ffxiv_20150831_234614.jpg
ffxiv_20150831_233435.jpg

豪華花火が!

どうやらこの場所からだと、特に大きく花火を見ることが出来るようです。
まさに隠れスポットですね!普段は人がいないと思われますので、デートに最適・・・かも?

イベントはアイテム花火3種類を使ったジャンケンバトルでした!
カウントにあわせてみんなでいっせいに花火を上げて、てるみさんと同じ色の花火を上げた人が生き残り、というものですね。
(てるみさんは星型の滞空時間が長い花火を使いますので、混ざってみえない!ということはないのです)

ffxiv_20150831_235014.jpg
(右手前の赤い星がてるみさんの花火です)

商品も非常に非常に豪華絢爛!普段だととても手が出ないような高級品ばかりがそろえられていました!
そしてなんと、勝負回数も3回もある!!チャンス!!


・・・そう思っていたときが私にもありました(ノд`)
はい、見事に3回とも初回で玉砕でございましたw

とはいえ、みんなで盛り上がった今回の花火大会、いろんな方々ともお話できて、一緒に花火が見れて、とても楽しかったです!!

ffxiv_20150901_001440.jpg

楽しすぎて、エオルタイム1日が一瞬でしたw
ご主催くださったてるみ様、その他の皆様、本当にありがとうございました!

ffxiv_20150901_002005.jpg
ffxiv_20150901_002035.jpg
白ルガさんの存在感w


おまけ
ffxiv_20150901_003502.jpg

怪談会2015 in Masamune

ffxiv_20150830_005612.jpg

皆様こんばんは!こんにちは!おはようございます!
あいもかわらず、イージスでミコッテをやっております。ふぃおなです。

先日マサムネサーバにてユーザーイベント「怪談会2015」(主催:Beatrix様)が開催され、突発でしたが参加させていただきました!

ちょっと遅れてしまいましたが、無事会場に到着・・・した時にはすでに会場は超満員!
数えることは出来ませんでしたが、なにやら参加者は100人を超えていたとか@@

イベント好きな人、会談好きな人、いろいろな方が集まったようです。(私を含むw)

ffxiv_20150830_020831.jpg

次から次へと出るわ出るわおっかないお話・・・

当初私は

「プロとは違って一般ユーザ様の語り部はどんななのでしょう?どう怖がらせてくれるか楽しみです~」

とか甘い考えで参加させていただいたのですが、片腹痛し・・・思わず無言になってしまうといいますか、無表情になってしまうといいますか・・・

言葉に出来ない怖さでした。というかしたくないです。


勇気のあるお方はどうぞ、こちらのリンクへお進みください。
過去の会談会で公開されたお話たちが勢ぞろいしているみたいですよ・・・

Beatrix様の日記記事(怪談会2015お憑かれさまじゃ~(。・(エ)・。)ノ)へ飛ぶ
※日記下部に紹介箇所がありますので、そちらのリンクよりどうぞ・・・


そしてそして!何を思ったのか、私も飛び込みで怪談話を発表させていただきました!!

いえ、当初はまったくそんなつもりはありませんでしたよ?
普通に聞き専のつもりでしたし、怪談会の途中までもそのつもりでした。

・・・が、ひとつ、またひとつと皆様が発表されていくうちに、私もどうしても発表したくなってしまいまして・・・

ベアさんへとっさにtell・・・「飛び入りってまだ間に合いますか!?」


ffxiv_20150830_021848.jpg
<ベアトリクス様のあっぷ~>

・・・ピコンッ!「大丈夫じゃよ~!」

とやさしく迎え入れてくださり、発表のお時間を頂戴することが出来ました(^▽^)/

発表内容はこちらをどうぞ・・・つたない文章ですが、よければ。
LodeStoneへ飛ぶ(フィオナ日記「【怪談注意】私の見た夢」)
※イベント時とは文章がやや異なります

そんなこんなで無事終了した、今年最後の肝試し会談会!とってもこわかったですが、とっても楽しい4時間半でしたw
(あっという間にこんなお時間・・・ある意味最大のホラーかも)

不本意ながら、本イベントを今回始めて知りまして・・・なんと昨年もやっていたとのこと!!
無念なりぃ・・・来年もぜひまた参加させていただきたいと思います!

主催くださったベアトリックス様、ならびにその他出演者の皆様、また当日会場にてお話を聞いてくださった皆々様、ほんと~にありがとうございました!!

ffxiv_20150830_021557.jpg

――○○の知りたい全てが導かれました。(詳細は最後をご覧ください)

あるとき、私はこんなうわさを聞きました。

・・・エオルゼアに占い師がいるらしい。と。

いえ、違いますよ?3.0から入った占星術ではありません。
タロットを使った正規?の占い師様ですよ。

そのお方は現在、バハムートサーバで活動されているようです。
イシュガルドに向けてちょっと悩みもあったので、予約の上お邪魔させていただくことにしました。

待ち合わせはラベンダーベッド7区入り口にて。
余裕があったので、30分ほど前に同行者(おタケさん)とともにお話ししながら待ってました。

やがて時間になると、何処からか案内人の○○がお迎えに来てくださいました。
彼に連れられ、道中をご紹介いただきつつ占いの館へ向かいました。

そこは、狭くも広く、いかにもな雰囲気のある一室。
鎮座する呪文机、怪しく輝く灯篭に、宙に浮ぶ天球儀に書物達。

案内人の○○に諸注意を受けつつ、その時を待ちました。
やがて、急に辺りが暗くなり、ふと気がつくと目の前には一人の○○が佇んでいました。

彼女は私たちに語りかけます。

――用こそおいでいただきました。ここは占いの館……わたくしはその主を務めます、ファイナンと申します。


唐突な出来事に動揺する私たちでしたが、先生は優しくやわらかく、私たちに占いについて紹介をしてくださいました。

曰く、悩みの種類によってどの占いにするか選ぶことが出来る、と。

悩みましたが、結局私は先生に選んでもらうことにしました。
プロの道はプロに聞け、と誰かが言っていた気がします。

私がご提示いただいたスプレッドは【ギリシャ十字】。
5枚のカードを使い、占いたい事柄の大まかな全体像を知るのに向いているそうです。

そしていよいよ占いが始まります。
突如輝く紋章、場を作る精霊達、何かを指し示すかのような光の柱。

やがて1枚のタロットが引かれます。

【魔術師】の【正位置】

想像力に優れ、物事を作り出す力の暗示なのでそうです。
これはきっと、イシュガルドでも何かイベントをやれ、という暗示なのでしょうか?
すでにいくつかやりたいことがありますので、自信を持って企画してみようか・・・そう思える出だしでした。

その後も、いくつかのカードとその暗示、そして私に合わせた説明をしていただきました。
(結果は秘密です。大まかに言うと、ちょっとした工夫が光明をもたらす、といったところでしょうか。粘り強くがんばれ、と助言いただきました)

同行者も無事占ってもらうことが出来、気がつけば朝の3時過ぎ!
時間を忘れ、3人で和気藹々とお話しながら、占いを楽しませていただきました。

システム外コンテンツ。
それをここまで形になされたファイナン先生には感動の一言です。

さまざまなユーザイベントを企画・実施されてきた先人の皆様と同様、FF14を少し違う目線から楽しもうという意気込みを感じました。

イシュガルドに向けて、私も見習いたいと強く思いました。
人の数だけ意思があり、また楽しみ方があるのだと私は考えています。
今回の占いを機に、私も私流の楽しみ方を模索して、出来れば実践していこうと改めて意思を固めたのでした。


以上が、私が先日体験した内容となります。

あなたの悩みが真剣であればあるほど、伝えられる言葉や空気に注視していればいるほど、あなたはタロットの導きを感じることが出来るでしょう。

ここは占いの館、くだらない探りや疑念、邪念は必要ありません。
ただ純粋に、タロットの示す啓示を参考に、自身の抱いている悩みに直面し、道筋を探りましょう。

ここでの経験は、あなたの悩みにきっと役に立つでしょう。
雲間からさす一筋の薄明光線のように、闇夜の満月のように、あなたが進むべき道を探す手助けをしてくれるはずです。

もしよろしければ、あなたも一度足を運んでみてはいかがでしょう?

以下に詳細情報を記載いたします。よろしければご参照くださいませ。
※かなりの人気があり予約必須です。ご注意を!
------------------------------------------------------
■占いの館『ふぁいなん』
■サーバー:Gaia-Bahamut
■住所:ラベンダーベッド7区28番
■部屋番号:FC『LOVE de LIC』11号室
■名前:『Fiana Miller』
■URL:http://jp.finalfantasyxiv.com/lodestone/character/4617010/blog/2247559/
■ツイッター:https://twitter.com/fiana_ff14

■タケオさんによる紹介動画がこちら!(このリンクは「めがねや!」ブログの紹介記事に飛びます)




プロフィール

ふぃおなん

Author:ふぃおなん
名前:Fiona Shilfeed
種族:ミコッテ
職業:学者・槍術士・調理師
サーバ:Aiges(イージス)
都市:ウルダハ(旧)→リムサ・ロミンサ(新)

(旧の頃)エオルゼア三大都市の一つ、ウルダハに到着した迷い猫。 花火を隕石と見間違えたり、巨大カエルに食べられそうになったりと、着いた早々忙しい。 さて、今日はどんなことが起こるのでしょうか?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
優しい訪問者様達
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR